信学会トップ>幼稚園・キッズ >

信学会栗田こども園からのお知らせ

2021年2月6日

豆まき会

立春の3日『豆まき会』を行いました。本来は2日のはずでしたが、昨年に年間行事予定を計画中に、暦の都合で124年ぶりのレアな年であることに気づかず、栗田保育園の豆まきは3日となりました。各クラスでは、『こころのおに』を考えたり、飾りや豆入れの升を作ったりしながら準備してきました。
まずは、『こころのおに』を退治します。ひまわり組ではロープにつけたこころのおにの飾りに向かって「おにはー外!」怖くないから,ノンビリ・ニコニコで新聞紙で作った豆をまいています。

ばら組も同様、壁に貼ったみんなの『こころのおに』・・・なきむしオニ・いじわるオニ・すききらいオニ・・・豆をまいて「おにはー外!」と追い払っています。

ゆり鬼の準備ができたようです。とってもかわいい!「さぁー、行くぞ-!」気合いが入りました。

ゆり鬼さんたちは、ひまわり組に入りました。まだ、鬼になれていないので、ウロウロ・・・迫力不足です。ひまわりの「おにはー、外」良い調子です。

ゆりおにさんの半分が、うめ・もも組にきました。「赤ちゃんには、やさしくするよ!」と言っていたとおり、とっても優しいんです。勇気あるももさんが「おにはー、外!」がんばっています。

あんず組に来ました。こちらも勇気ある女の子が、豆を握りしめて向かっていきます。

赤鬼・青鬼の準備ができたようです。今年の赤鬼は下駄履きのようです。迫力あります。

あんず組にあらわれました。立ちすくむ子、豆を投げる子、先生の後ろに隠れる子。

赤鬼・青鬼は予定外のもも組・うめ組にあらわれました。みんなは逃げ足早く先生の後ろに!・・・

ばら組に登場です。先生の「豆をまいて-!」の声。でもなかなか体が動きません。

ひまわり組にきました。攻防がはじまりました。机を楯にして戦っています。

ゆり組に来ました。さすがです、みんな豆を持って立ち向かっています。声も出ています。

各クラスのお部屋以外は、分担して豆まきをしました。玄関担当はひまわり組「おにはー外!」「福はー内!」の元気な声が響いていました。

豆まきで、厄払いをして、自分を見つめてこころの鬼を退治する。春を前にした、ステキな日本の伝統文化ですね。

基本情報

  • 〒380-0922
  • 住所:長野市七瀬3番地6
  • TEL:026-226-6254
  • FAX:026-226-7387
  • ⇒ ACCESS MAP

TOP